サビキ釣りを楽しむ子供

 

魚を釣る仕掛けには、様々な種類があります。魚の種類や特徴によって考えられたものが釣具屋に多く販売されています。シンプルな仕掛けで、釣り糸に重りのみでも釣れるのですが、初心者は、特定の魚用仕掛けを購入したほうが良いでしょう。慣れてくると、仕掛けを自作したいなんて気にもなってくるから釣りって楽しいですよ。

 

堤防釣りの初心者はサビキ仕掛け

初心者が堤防釣りで行う仕掛けは、やはりサビキでしょう。サビキの仕掛けは、アジやイワシ、サバなどの回遊魚が堤防に回って来た時に釣果を上げる仕掛けです。回遊魚だけではなく、根魚なども釣れる初心者向けの仕掛けになります。

 

サビキ仕掛け

 

【画像参照】仕掛けの構造は、竿先端から擬似餌というエビの偽物ビニール製が付いた針が数本付いていて最後に重りつきのカゴを装着できるようになっています。釣り方は至って簡単で、カゴにアミエビを入れて水面に落とすだけです。

 

魚は海に散らばるアミエビを食べようと沢山寄ってきますが、アミエビと間違って針付き擬似餌を食べてしまうという仕組みです。

 

食いが悪い場合は、何度か竿を上下にシャクるなどすると釣果は上がりやすいです。アジやイワシ、サバなどサイズの大きい魚が一度に三尾釣れることもあるので、その場合は勿論引きも強く釣りがいある仕掛けと言えます。

 

サビキの仕掛けその他

トリックサビキ(イメージ)

トリックサビキという擬似餌ではなく、アミエビを専用餌付け機を使い針にさし、カゴの代わりに重りを付けて魚を釣る仕掛けもあります。本物のアミエビを付けるので釣果は上がりやすいようです。

 

 

トリックサビキの注意点は、餌であるアミエビがチューブタイプは使えないと言うことです。理由はチューブタイプの網エビはペースト状なので針に掛からないからだそうです。

 

堤防釣りのサビキ仕掛けに飽きた初心者におすすめ

魚はどんなものでも釣れば楽しい。これは当たり前の事実ですが、サビキに慣れてくると何となく物足りなくなってきます。理由は簡単に釣れすぎるからです。やはり餌釣りの醍醐味は、餌を投入しアタリを待ちアタリに合わせ釣り上げることだと思います。

 

そんな初心者におすすめしたいのが…

 

根魚をターゲットに釣りをしてみること。

 

 

おすすめ根魚仕掛け

 

仕掛けはシンプルで、竿先端から針が2本、最後に重り。そういうタイプを選び、アオイソメを餌に堤防際へ落としてみましょう。ガシラ、アイナメ、ベラなど食べて美味しい魚が釣れちゃいます。それぞれアタリや合わせ方、引きの違いも感じられるので海面に上がるまでに、「このアタリ、引きは、ガシラだ!」みたいな予測が楽しめたりします。